JST戦略的創造研究推進事業において、東京工業大学の石崎孝幸 助教と井村順一 教授らは、天候の変化などによって発電量が大きく変動する太陽光発電を大量導入する際に、最新の予測技術である信頼度付区間予測を用いて、電力系統全体の需給をバランスよく維持できる基礎制御技術(電力系統需給制御)技術)を開発しました。

プレスリリースはこちら