米国カリフォルニア州カールスバッド(米国現地時間2015年11月18日)– 科学分野で世界をリードするサーモフィッシャーサイエンティフィックは、次世代シーケンス(NGS)によるマルチマーカーを対象とした汎用的な腫瘍の遺伝子検査の開発と商用化について、Novartis社およびPfizer社と長期にわたる協定を締結しました。今後当該検査が非小細胞肺がん(NSCLC)の領域において、数々の創薬プログラムに対するコンパニオン診断(CDx)としての役割を果たしていきます。

プレスリリースはこちら