当社は、このたび、多発性骨髄腫治療剤「NINLARO」(一般名:イキサゾミブ、以下「NINLARO」)カプセルについて、再発・難治性の多発性骨髄腫を対象としたTOURMALINE-MM1試験において、無増悪生存期間を延長するとともに管理可能な忍容性を有することが示されたデータを、第57回米国血液学会年次総会(ASH、米国フロリダ州オーランドで開催)で発表しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら