2015年11月19日、インディアナポリスおよびニュージャージー州ケニルワース–Eli Lilly and Company(以下「リリー」)とMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、非扁平上皮非小細胞肺がんの一次治療におけるリリーのアリムタ注射用(一般名:ペメトレキセド)とKEYTRUDA(一般名:ペムブロリズマブ)の併用療法の安全性および有効性を評価するため、第3相検証試験での提携を拡大することを発表しました。この試験はMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A. が治験依頼者として実施し、PD-L1発現の有無にかかわらず、一次治療の適応となる非小細胞肺がん患者を対象としています。

プレスリリースはこちら