グラクソ・スミスクラインplc(GSK)は11月3日、ニューヨークで開催された投資家向けイベントで、HIVおよび感染症、がん、免疫・炎症性疾患、ワクチン、呼吸器および稀少疾患の6つの主要領域に重点を置いた、革新的なポートフォリオの詳細を発表しました。約40の新薬および新規ワクチン候補が紹介され、これは2016~2020年のグループの成長の見通しと、2020年以降の価値創造のための重要な機会を裏付けるものです。

プレスリリースはこちら