株式会社ヤクルト本社(社長 根岸孝成)では、順天堂大学大学院プロバイオティクス研究講座山城雄一郎特任教授、東京女子医科大学病院小児科永田智主任教授らとの共同研究の成果として、高齢者施設入所者にプロバイオティクス飲料を継続的に摂取してもらうことにより発熱日数の短縮および便秘や下痢日数の減少など健康状態が改善することを無作為化プラセボ対照二重盲検試験にて明らかにしました。

プレスリリースはこちら