田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家正之)は、本日、抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「レミケード点滴静注用100」(一般名:インフリキシマブ)について、既存治療で効果不十分な川崎病の急性期に対する効能・効果追加の承認を取得しました。

プレスリリースはこちら