ペンシルベニア大学とKaiser Permanente医療保険グループ(KPNC)の研究部門により実施された10年間の疫学研究結果であるJournal of American Medical Association(JAMA)誌掲載の論文「糖尿病患者におけるピオグリタゾンの使用と膀胱がんおよびその他頻度の高いがんの発生リスク」(本年7月21日掲載)に対し、編集者へのレター(読者からのコメントと論文著者からの回答)が12月15日(米国時間)にJAMA誌に掲載されました。

プレスリリースはこちら