堀裕亮 博士(文学研究科)、藤田和生 文学研究科教授および村山美穂 野生動物研究センター教授らの研究グループは、JRA日高育成牧場の協力を得て、騎乗馴致(乗り馴らし)中のサラブレッド1歳馬167頭の馴致難易度(扱いやすさ)を行動観察により評定しました。行動観察をおこなった個体について、セロトニン受容体1A遺伝子(HTR1A)の型判定を行い、扱いやすさ得点との関連を分析したところ、HTR1A遺伝子の遺伝子型によって、扱いやすさに違いがあることがわかりました。

プレスリリースはこちら