国立大学法人筑波大学 生命環境系の丹羽隆介 准教授、同生命領域学際研究センターの深水昭吉 教授と廣田恵子 助教、島田裕子 研究員、同生命環境科学研究科の大学院生の小村(加和)達也と山内理恵子、国立研究開発法人農業生物資源研究所の篠田徹郎ユニット長らは、キイロショウジョウバエを用いて、昆虫の発育に必要なステロイドホルモンの生合成に重要な役割を担う新規タンパク質「Ouija board(ウィジャボード)」を発見しました。

プレスリリースはこちら