フランス、パリ、2015年11月20日-サノフィおよびアストラゼネカは、両社がそれぞれ所有する化合物ライブラリから21万種の化合物を、直接、互いに交換することを発表しました。この交換は、大手製薬企業2社による新たなオープンイノベーションモデルとなります。これにより、両社が所有する化合物の化学的多様性を高め、両社が新たな低分子医薬品の開発に向けた探索を始める際に、より幅広い、より多彩な化学物質からスクリーニングができるようになります。

プレスリリースはこちら