アストラゼネカ(CEO:パスカル・ソリオ、以下、アストラゼネカ)とサノフィ(CEO:オリヴィエ・ブランディクール、以下、サノフィ)は、それぞれの独自の化合物ライブラリにある21万個の化合物を直接交換することを、2015年11月20日に発表しました。この交換は製薬企業間での新たなオープンイノベーションモデルを示すものです。これにより両社が有する化合物コレクションの化学的多様性が向上するとともに、各社が、新規低分子医薬品の探求における出発点として、より広範かつ多様なケミカルスペース(化学構造の無限の組み合わせが可能な化合物ライブラリで構成される空間)を評価することが可能になります。

プレスリリースはこちら