このたび掲載されました論文は、当社と群馬大学、熊本大学の共同研究において、生体の炎症反応をマウス生体レベルで可視化することに成功したものです。

プレスリリースはこちら