NEDOプロジェクトにおいて、新たな太陽光発電の利用方法の開発を進めている有機系太陽電池技術研究組合(RATO)は、この度NEDOプロジェクトの一環として、埼玉県所沢市と協定を締結し、低日射や低光量の場所でも機能する有機系太陽電池を用いた自立型発光デバイス(自発光誘導灯「E-SEG」)の実証試験を開始しました。

プレスリリースはこちら