熊本大学 大学院生命科学研究部 循環器内科学/熊本大学 国際先端医学研究機構の西山功一 特任講師/主任研究員、東京大学 大学院医学系研究科 代謝生理化学の栗原裕基 教授、杉原圭 学部生(現東京大学附属病院 臨床研修医)らの研究グループは、血管新生において血管が伸長する際の血管内皮細胞運動を制御するしくみを、生物学と数理モデル・コンピュータシミュレーションを融合させた先端的な研究手法により明らかにしました。

プレスリリースはこちら