熊本大学発生医学研究所の研究グループは、ヒトiPS細胞から誘導した腎臓組織をマウスの腎臓表面に移植することによって、ヒト誘導腎臓組織内の糸球体にマウスの血管がつながることを証明しました。

プレスリリースはこちら