アストラゼネカ(本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は、11月13日、TAGRISSO(AZD9291)80mg錠1日1回投与が、米国食品医薬品局(FDA)が承認した検査方法により、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)による治療後に病勢進行した転移 EGFR T790M変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんの治療薬として、FDAから 承認を取得したことを発表しました。

プレスリリースはこちら