国立大学法人東北大学金属材料研究所の加藤秀実教授(非平衡物質工学研究部門、先端エネルギー材料理工共創研究センター兼任)は、TPR工業株式会社、および、電気機器メーカー1社と共同で、黒鉛に匹敵する高い化学薬品耐性、高導電性に加えて、大比表面積を併せ持つオープンセル型ポーラス炭素の開発に成功しました。この成果は、マンガン炭化物がビスマス金属溶湯中において、マンガン原子を溶出しやすく、炭素原子を溶出し難い性質を利用した脱成分反応という独自の技術によるものです。

プレスリリースはこちら