宮内雄平 エネルギー理工学研究所准教授、松田一成 同教授らの研究グループは、近赤外波長領域の優れた発光体として知られ、生体組織内部の発光イメージングや生体埋込型光バイオセンサー等への応用が期待されているナノ炭素材料「カーボンナノチューブ」を、従来とは全く異なる新しい方法で光らせることが出来ることを発見しました。

プレスリリースはこちら