英国グラクソ・スミスクラインplcは本日、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者を対象に行った、気管支拡張剤であるエンクラッセエリプタ(ウメクリジニウム)とチオトロピウムの有効性および安全性に関する直接比較試験(201316試験)と、エンクラッセエリプタとグリコピロニウムの有効性および安全性に関する直接比較試験(201315試験)から得られた結果を発表しました。

プレスリリースはこちら