九州大学大学院工学研究院応用化学部門の嶌越恒准教授と久枝良雄教授は、有害特定化学物質を、化学工業品として有用なエステルやアミド化合物に、光エネルギーを使って変換する触媒の開発に世界で初めて成功しました。本研究では金属酵素のモデル化合物を、無機化合物である酸化チタン光触媒の表面に化学修飾したハイブリッド触媒を合成し、常温、常圧、空気下の温和な条件で、環境汚染物質であるトリハロメタン類を有用な化学物質へと変換させることを実現しました。

プレスリリースはこちら