松本卓也 理学研究科博士後期課程学生(日本学術振興会特別研究員)、中村美知夫 野生動物研究センター准教授、伊藤 詞子 同研究員、井上紗奈 鎌倉女子大学学術研究所研究員らの研究グループは、タンザニアのマハレ山塊国立公園の研究対象のチンパンジー集団(M集団)において重度の先天的障害のある赤ん坊が2年近く生存した事例を観察し、障害の特徴および他個体からのケアについて調査をしました。

プレスリリースはこちら