テラが倒産、再建のめど立たず

 テラは2022年8月5日、破産手続開始の申し立てを東京地方裁判所に対して行い、破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債総額は1億8765万円。同社の株式は5日付で東京証券取引所の整理銘柄に指定された。東証は同日、テラの株式は8月23日に上場廃止にすると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)