レナセラピューティクス、武田薬品とヘテロ核酸で追加のライセンス契約

 日本触媒の子会社のレナセラピューティクス(東京・千代田、登利屋修一代表取締役社長)は、同社のDNA/RNAヘテロ2本鎖核酸(HDO)技術の創薬応用に向け、武田薬品工業と追加の非独占的なライセンスの実施許諾契約を締結した。同契約は、2018年12月、2020年12月に発表された非独占的なライセンスの実施許諾契約を拡大するもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)