米Angion社、一次性蛋白尿を伴う腎線維化の治療薬が第2相中止

 抗線維化薬の開発に注力する米Angion Biomedica社は2022年6月29日、原発性糸球体疾患など持続的な蛋白尿を伴う慢性腎臓病を対象に行っていた経口分子標的薬(ANG-3070)の第2相臨床試験を中止したと発表した。予期しない腎機能の低下が認められたことを受け、リスク・ベネフィットの再評価に基づき決定した。現在、試験実施施設や規制当局と連携し、同試験の終了手続きを進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)