仏Transgene社とスウェーデンBioInvent社、強化型腫瘍溶解性ウイルスの第1/2相が順調に進行

 がん治療のための修飾抗体を開発しているスウェーデンBioInvent International社と、ウイルスベースのがん免疫療法を開発しているフランスTransgene社は2022年6月27日、制御性T細胞を抑える遺伝子操作を加えた腫瘍溶解性ウイルスBT-001について、メラノーマ患者を含む固形がん患者を対象に現在進行中の第1/2a相試験が、順調に進行していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)