東洋製罐グループホールディングス、閉鎖系でスフェロイドを大量作成できる培養バッグを発売

 包装容器の製造販売などを手掛ける東洋製罐グループホールディングスは2022年7月、バッグ状の閉鎖環境でスフェロイドを作れる細胞培養器具を発売する。コンタミネーションのリスクを抑えつつ、スフェロイドを効率的に大量作成できるのが利点で、再生医療等製品などの製造で生産能力増強に役立てたい考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)