メトセラ、シリーズCで18億円超を調達、新規パイプラインなど強化へ

 再生医療スタートアップのメトセラ(川崎市、岩宮貴紘代表取締役、野上健一代表取締役)は、2022年6月28日、シリーズCラウンドで総額18億7000万円の調達を完了したと発表した。これにより、助成金を含む累積調達額は46億円になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)