米Precision社、Novartis社とヘモグロビン異常症のin vivoゲノム編集開発で提携

 米Precision BioSciences社は2022年6月21日、スイスNovartis社とin vivoゲノム編集療法の全世界における独占的な共同開発とライセンス合意に関する契約を締結したと発表した。Precision社が保有するゲノム編集技術「ARCUS」を活用し、鎌状赤血球症やβサラセミアなどヘモグロビン異常症を対象に開発協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)