FDA、ALSを含む希少な神経変性疾患に対するアクションプランを発表

 米食品医薬品局(FDA)は2022年6月23日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を含む希少な神経変性疾患に対する5カ年計画「Action Plan for Rare Neurodegenerative Disease」を発表した。その目的は、安全で有効な治療薬の開発を加速し、新治療の利用を容易にして、患者の生活を改善、余命を延長することにある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)