マイクロ波化学が東証グロースに上場、初日の時価総額は98億円

 マイクロ波を利用した製造技術を開発するマイクロ波化学は2022年6月24日、東証グロースに上場した。初値は公開価格(605円)を9.1%下回る550円となったものの、高値は650円まで上がり、買い気配のまま初日の取引を終えた。株価を650円とすると初日の時価総額は98億4300万円となる。バイオ関連企業の上場は、6月23日の坪田ラボに続き、2022年で2社目となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)