米Carbon社、嚢胞性線維症の遺伝子治療開発にシリーズAで52億円調達

 パルボウイルスを用いたベクター技術を保有する米Carbon Biosciences社は2022年6月21日、シリーズAラウンドで3800万ドル(約52億円)を調達したと発表した。嚢胞性線維症(CF)を対象とするin vivo遺伝子治療プログラム(CGT-001)の臨床開発と基盤技術の向上に調達資金を活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)