Pfizer社、仏Valneva社に出資しライム病ワクチンの第3相試験を支援

 米Pfizer社とフランスValneva社は2022年6月20日、出資引受契約(Equity Subscription Agreement)を締結したと発表した。同年6月22日までにPfizer社がValneva社に株式投資を行い、その資金を両社が共同開発中のライム病ワクチン(VLA15)の第3相臨床試験に向けた増資に充てることで合意した。また2020年4月に締結した、同ワクチン開発に関するライセンス契約を更新したことも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)