Roche社のクレネズマブ、家族性アルツハイマー病予防試験で主要評価項目未達

 スイスRoche社と米Banner Alzheimer’s Institute(BAI)は2022年6月16日、アルツハイマー病(AD)予防の共同研究「Alzheimer’s Prevention Initiative(API)」の一環で実施した抗体医薬クレネズマブ(crenezumab)の第2相臨床試験「API ADAD Colombia Trial」で、主要評価項目を達成しなかったと発表した。常染色体顕性遺伝AD(ADAD)の原因遺伝子の1つであるPresenilin(PSEN)1E 280A変異を保有する非発症者を最長8年以上にわたり追跡し、認知指標の2つの複合エンドポイントでプラセボとの群間有意差に達しなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)