培養肉のリスクアセスメント研究が厚労省の公募研究で採択

 厚生労働科学研究に、培養肉のリスクアセスメントを行う研究課題が採択されたことが分かった。リスクアセスメントの結果は今後、培養肉の製造・流通に関するルール作りの材料になる可能性があり、業界は規制方針の行方に注目している。この研究課題をどう捉えたら良いか、2022年6月20日、厚生労働省の担当者に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)