エーザイ、Non-SaMDとSaMDの両方を視野に入れて、縦横無尽に事業化を検討

 エーザイでは内藤景介氏がチーフエコシステムオフィサー(CECO)を務め、IT統括本部やデジタルソリューション開発部といったDX(デジタルトランスフォーメーション)の関連部署を取りまとめている。デジタルヘルスやデジタルセラピューティクス(DTx)の事業化に向けた取り組みについて、2022年5月31日、エーザイ執行役員の内藤景介氏=チーフエコシステムオフィサー兼IT統括本部長と、エーザイユニバーサルプラットフォーム部の前田周輝副部長に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)