英Cambridge大など、幅広いがんで17種類の染色体不安定性を発見

 英Cancer Research UK Cambridge Instituteなどの研究者たちは2022年6月15日、33種類のがんの染色体不安定性(CIN)のパターンを分析し、腫瘍のDNA配列の反復回数の違いに基づく17種類の特徴を同定したとNature誌電子版に発表した。研究者たちはこの特徴が、腫瘍の治療薬に対する反応性の予測だけでなく、新規創薬標的の同定にも有用であると述べており、成果に基づいて英Tailor Bio社が設立された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)