エーザイや塩野義製薬など15社、業種横断的な「PHRサービス事業協会」を設立へ

 エーザイや塩野義製薬など15社は2022年6月16日に都内で記者会見を開き、PHR(パーソナルヘルスレコード)サービス事業者による団体を設立すると発表した。団体名は「PHRサービス事業協会(仮称)」で、2023年度早期の設立を目指す。製薬企業や医療機器メーカー、通信会社、保険会社などが参加する。PHRサービス産業の発展と国際競争力の確立を目指し、3つの分科会で議論を進める。会見に登壇した経済産業省の畠山陽二郎商務・サービス審議官は、「データ標準化やルール整備を進めるため、我々としても団体の設立を支援したい」とコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)