塩野義、グローバルヘルス組織と提携してAMR問題に挑戦

 塩野義製薬は2022年6月15日、グローバルヘルス組織であるスイスのThe Global Antibiotic Research and Development Partnership(GARDP)および米Clinton Health Access Initiative(CHAI)と、3者による提携契約を締結した。また、GARDPとの間では技術移転を含むライセンス契約も締結。今後、両契約に基づいて、シデロフォアセファロスポリン抗菌薬「フェトロージャ」(セフィデロコル)のグローバルでのアクセス改善に向けた取り組みを開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)