アステラス製薬、2022年度にBlueStarを臨床入りへ、ゲームにも着目

 アステラス製薬は2018年、医薬品以外の新規事業を創成するために「Rx+事業創成部」を立ち上げ、その取り組みの1つとしてDTxの開発を進めている。2019年には治療用アプリなどの開発を手掛ける米Welldoc社とデジタル治療の開発および商業化で提携し、2022年度に国内で糖尿病治療用アプリ「BlueStar」の臨床試験を開始する計画だ。Rx+事業創成部の取り組みについて、柏誠エグゼクティブビジネスプロデューサーと神田直幸ビジネスプロデューサーに話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)