創薬スタートアップのCURED、新規がん抗原に対するCAR-T療法など開発中

 免疫生物学研究所は、2022年6月15日、同社の持分法適用会社となっている創薬スタートアップのCURED(横浜市、道下眞弘社長)の研究開発の状況について、情報を開示した。現状、非開示のがん抗原(X)を標的とした抗Xキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法などの開発を進めていることが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)