旭化成ファーマ、アークメディスンからエンドセリンA受容体拮抗薬導入、最大359億円

 旭化成ファーマは、2022年6月14日、創薬スタートアップであるアークメディスン(茨城県つくば市、田中圭悟代表取締役社長)と、同社が非臨床段階で開発している選択的エンドセリンA受容体拮抗薬について独占的ライセンス契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)