米Precision社の他家CAR-T、難治性リンパ腫の第1相で全例が奏効

 米Precision BioSciences社は2022年6月8日、リンパ腫に対する他家キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法のリード開発品(PBCAR0191)について、第1/2a相臨床試験の有力データを発表した。最新の中間解析で11例全てが奏効し、治療困難症例を想定した適応可能性を裏付けるデータが得られた。また、別の他家CAR-T療法(PBCAR19B、PBCAR269A)の進捗状況も明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)