「小児の急性肝炎、欧米は異常事態だが、日本も同様か見極めが重要」

 欧米などを中心に、原因不明の小児の急性肝炎の可能性例が多発し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)やアデノウイルス感染との関係が指摘されている。日本でも、複数の可能性例が報告されている。国内の状況や診療時のポイントなどについて、2022年6月1日、小児の肝臓専門医であり、筑波大学名誉教授で茨城県立こども病院の須磨崎亮名誉院長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)