塩野義製薬は前頭前野を活性化するDTxを導入、VTuberシオノギカナデも活躍

 塩野義製薬は2020年6月に公表した中期経営計画「Shionogi Transformation Strategy 2030 (STS2030)」で、ヘルスケアサービスとしての価値提供(Healthcare as a Service:HaaS)を推進する方向性を掲げ、2021年7月にDX推進本部を新設した。同部内のデジタルインテリジェンス部では、社内外のパートナーと協力して、DX(デジタルトランスフォーメーション)やHaaSに関連した新規事業を企画、推進している。塩野義製薬でのデジタルヘルスやデジタルセラピューティクス(DTx)の事業化に向けた取り組みについて、DX推進本部デジタルインテリジェンス部の小林博幸部長に話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)