米Ginkgo Bioworks社、代謝物モニタリング技術のBitome社の特定の資産を獲得

 合成生物学スタートアップの米Ginkgo Bioworks社は2022年6月6日、リアルタイム代謝物モニタリング技術を開発している米Bitome社の一部の資産を獲得すると発表した。これにより、バイオプロセスの速やかな最適化が可能になる。Bitome社は、機械学習を利用して細胞培養中の培地を連続的にモニタリングし、細胞の状態をリアルタイムに分析できる技術を保有する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)