非ウイルス送達技術の米Code Bio社、シリーズAで101億円を調達

 ウイルスベクターを用いない遺伝子治療を開発している米Code Biotherapeutics社は2022年6月7日、シリーズAの資金調達で、募集額を超える7500万ドル(約101億円)を獲得したと発表した。同社は武田薬品工業と提携していることでも知られる。得られた資金は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーと1型糖尿病を対象とするリードプログラムの臨床試験の開始に向けた研究に活用されるほか、パイプラインや製造規模の拡充などにも充てられる見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)