米Regeneron社、Sanofi社から抗PD-1抗体セミプリマブの権利を獲得

 米Regeneron Pharmaceuticals社は2022年6月2日、がん治療用の抗PD-1抗体「Libtayo」(セミプリマブ、cemiplimab)に関する世界的な開発、商品化、製造の権利を、フランスSanofi社から獲得すると発表した。Regeneron社は9億ドル(約1210億円)の前払い金と、将来的なロイヤルティーおよびマイルストーンを支払う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)