Amgen社のsiRNA薬オルパシラン、第2相もリポ蛋白低下で有望な結果

 米Amgen社は2022年5月31日、リポ蛋白(a)高値のアテローム性心血管疾患(ASCVD)患者にsiRNA治療薬のオルパシラン(olpasiran、AMG890)を投与した第2相OCEAN(a)-DOSE試験で、先に行われた第1相試験と同様に、リポ蛋白(a)値の持続的かつ有意な低下が示されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)