米Sapience社、PPIペプチド医薬の開発推進にシリーズBで53億円調達

 細胞内の蛋白質間相互作用(PPI)に介入するペプチド医薬を開発している米Sapience Therapeutics社は2022年5月31日、シリーズBラウンドで4100万ドル(約53億円)を調達したと発表した。調達資金は、第2相臨床試験段階にあるリード開発品(ST101)をはじめとするパイプラインの推進や、創薬基盤技術の向上に活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)